艶めき生腰のデメリットと対策まとめ

艶めき生腰のデメリットと対策まとめ記事一覧

艶めき生腰を初めて手に入れたときに感じたデメリットが、「結構べたつくな…」というもの。⇒開封の流れレビューでも少し触れてますね。でもこのべたつきというものは解消ができるものなんです。べたつきの内容と合わせてその対策も話していきます。べたつきの正体は油こちらは購入した直後、初めて手に触れたときの生腰。見た目では伝わりにくいですがべたっとしています。感触で表現するとモチモチだけどべたつく、という感じで...

艶めき生腰は色んな体位ができるオナホール。⇒できる体位とできない体位でも話しましたね。その中でも好きな人が多いのがバック系統。でも、艶めき生腰はバックが少しやりにくいんです。その詳細と対策をまとめました。高さが合わない!やりにくい、というのは腰を振る高さと生腰の膣の高さが合わないからです。バックというのは床に膝をついた状態で挿入し、そのまま腰を振りますよね。こんな感じ。でもこの体勢をしようとすると...

艶めき生腰の欠点、デメリットの一つとしてピストン振動がダイレクトに伝わってしまう、というものがあります。別にこれは艶めき生腰だけではなく、大型オナホを使う以上仕方のないことなんですが頑張れば防ぐこともできます。その防ぐ方法を紹介していきます。床への振動を緩和⇒トップページでも軽く触れてますが主に振動や音が発生するのは床です。基本的に艶めき生腰は地面に置いてそこに挿入、ピストンという使い方をします。...

艶めき生腰はその大きさがメリットなオナホ。でも、その分同居人がいる場合の隠し場所、収納場所に困ってしまいます。そんなことに悩んで購入に踏み切れない人のために隠し場所、方法を少し考えてみました。外から見えないようにしよう!まず大事なのが外から見て、「あっ、あれはなんだ!?」と思われないようにすること。オナホだとわからなくてもこんなでかい塊があったら近くによって見たくなります。なので僕はこれを使ってい...

トップへ戻る