艶めき生腰をバックから犯してみた!寝バックや立ちバックも

艶めき生腰をバックから犯してみた!寝バックや立ちバックも

艶めき生腰をバックから犯してみた!寝バックや立ちバックも

 

正常位もいいけどバックも男のロマンですよね!
ということで艶めき生腰をバックから犯した感じをレビューしていきます。

 

バック大好きっ子は寄っておいで!

 

正常位との違い

まず挿入して思ったのが正常位とは膣の方向が違うな、ということでした。
⇒正常位レビューで話したように艶めき生腰の膣は下側に伸びています。

 

 

正常位だとこれを上から挿入するので下に向かいますがバックだと逆、つまり極端に言うと少し上に向かような感じになるんです。
チンコ自体が勃起すると反り返るのでその影響もあって違った感覚になりますね。

 

あとピストンしていて思ったのがお尻が太ももに当たってすごい気持ちいいです。
正常位だと足の開いたところに腰が当たるので実感なかったんですが、バックだともろに当たります。

 

ボフッボフッと柔らかいお尻に当たるのは絶品です・・・!
パンツなどを履かせればかなりリアルになるのでお勧めです。
⇒パンツとスカートをはかせてみた!

 

やりにくい体位

立ちバック、膝立ちでのバックは問題なかったんですが寝バックは最初少しやりにくかったです。

 

 

この体位ですね。
艶めき生腰を寝かせるとこんな感じになります。

 

 

赤いところが挿入口と膣が伸びてる角度です。
ちょっとこれだと挿入がしにくいなと感じました。
なので体で押つぶすようにして角度を変えてみました。

 

 

こんな感じです。

 

これだと膣の入り口がちょっと上がり、挿入やピストンもしやすくなります。
まさに種付けプレスです。
少し難しい体位ですが力任せに腰を打ち付けてる背徳感はかなりエロいの出ぜひ習得したい体位ですね。

 

まとめ

 

角度の違いやお尻の存在で正常位との差別化はできている
寝バックは多少のコツが必要

 

寝バックはアナルに入れるほうが高さ的にはやりやすいなと感じました。


ホーム RSS購読 サイトマップ